ちょっとした注意喚起


東京目黒の工務店、江中建設です。
こちらの写真は、プラスチック板とシンクとの取り合い部にシーリングを打つのですが、塗った直後から硬化するまでは、ちょっと触れただけで手に付着したりしてしまい、シーリングの形も崩れてしまいます。
そうならないように、業者さんが大量に用意してくれた紙が上記のものです。多分大丈夫、ではなくこうやってわかりやすく注意喚起していくことの積み重ねが、より良い建物を作っていくのだと思います。
施工現場において、このような細やかな気遣いを忘れずに、今後とも業務に取り組んで参りますので、今後とも宜しくお願いします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です