ものつくり大学の方々がご挨拶にいらっしゃいました

東京目黒の工務店、江中建設です。

さて、弊社では毎年ものつくり大学の主に2年生の方のインターンシップを受けて入れております。今年も3人の元気な学生さんがいらっしゃり、各現場にて40日間頑張って現場に取り組んでくれました。

そして今日、インターンシップも終わり、弊社もお盆休みに入るので、教授と一緒にご挨拶にお越しになりました。

IMG_1545

皆さんから現場の感想を聞いたりしていましたが、どこの現場でもただ片付けとかでは無く、現場作業の一部を実際にやってみていたので、

「一部屋のフローリングを貼るのにかなりかかってしまいましたが、その分達成感もありました!」

「ある箇所のボードを大分時間をかけてやりましたが、普通大工さんは1日で終わらせると聞いて、大工をするには素早く、しっかり作れるようにならないといけないと思いました」

「建方作業で梁の上に登り、かけやで仕口部を打ち込みましたが、なかなか入らず苦労しました。」

「梁の上に登ったら、命の危険を感じました」

「実際にちょっと手に切り傷を作ったりもし、気を付けないと怪我と隣り合わせだと思いました」

など、初々しい感想をたくさん聞かせてくれました。

最後に「楽しかったですか?」と聞いたら3人とも「楽しかったです!」と満面の笑みを浮かべて答えてくれたのがとても嬉しかったです。

実際に社会に出るとき、是非大工さんとして頑張って欲しいなあと切に思った次第でした。

『お知らせ』

上記の記事にもちょっと触れましたが、弊社は勝手ながら8月13日木曜日から8月16日日曜日まで夏季休業とさせていただきます。ご了承の程、何卒宜しくお願い致します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です