スウェーデン式サウンディング試験を執り行いました

東京目黒の工務店、江中建設です。

さて、昨日になりますが、今度新築工事を始める中野区のお家で、旧宅の解体が完了したので、地盤調査を執り行いました。

今回実施した地盤調査は、スウェーデン式サウンディング試験と呼ばれるものです。この試験を実施して頂いた会社のHPにはこのように説明されています。

スウェーデン式サウンディング試験

人力で出来る簡易な地盤調査として知られており、最近では機械式の自動測定も用いられている。試験は先端がスクリューになっているロッドに荷重を載荷、回転を加える等により土の回転抵抗を測定し換算N値等により評価するものである。もとは、ボーリングを補完する役割であったが、近年では戸建て住宅用の調査として広く利用されている。

まずは測定ポイントとなるところに木杭を打ちます。
IMG_1058

次に報告写真用に黒板に情報を書いています。
IMG_1056

上記の試験法の説明文にもあった、ロッドに荷重をかけるための重りを準備します。
IMG_1059

そして、いよいよ人力で測定を行います。なんだか見ていて微笑ましいですね。
IMG_1063

今回の地盤調査の結果は良好で、特に地盤改良の必要はありませんでした。しっかりとした建物を作るために、必要であれば地盤改良は為されるべきですが、どうしてもお施主様にお願いするご負担額が増えてしまうので、今回のようにちゃんと調査をした結果、地盤改良の必要無し(厳密には、転圧をしっかりやるようにとのことです)との報告を受けたのでホッとしました。

こちらの物件は次週末に地鎮祭です。しっかりと取り組み、お施主様にご安心してお住まい頂けるよう、今後とも頑張って参りますので、宜しくお願いします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です