タニザワエコアプローチに参加しました

東京目黒の工務店、江中建設です。
今回は現場ではかかせないヘルメットに関することです。
変換 ~ DSC00481
弊社の現在のヘルメットはヘルメットにシールド面がついております。これは現場作業中に出る細かい木くずなどが目に入らないようにするためで、最初からヘルメットに付いていることによりいざという時にすぐ使えるのでとても便利です。
弊社ではヘルメットは谷沢製作所にていつも購入をしているのですが、このたび谷沢製作所で取り組んでいる「タニザワエコアプローチ(http://www.tanizawa.co.jp/eco_approach/)」に参加をしました。
変換 ~ 20130327201552828_0001
これは使い古したヘルメットをそのまま捨てるのではなく、メーカーである谷沢製作所に戻し、「エコロ(クリーンエネルギー再生プラント)」という、工場内で使用するクリーンエネルギーとして生まれ変わったり、また回収されたヘルメット残りの半数は、日本ヘルメット工業会のリサイクルシステムにて有効活用する取り組みです。
この取り組みが、環境省後援による「カーボン・オフセット大賞」にて奨励賞を受賞されました。
変換 ~ 20130327201538945_0001
これからの地球環境保全に、こういった行動で少しでも貢献していければと思います。


“タニザワエコアプローチに参加しました” への3件のフィードバック

  1. と~りすがり より:

    こんにちは。
    ご使用の製品はST#1330V-SEですね。先代の1830型は使用したことがある(よく売れたようですし、実際の使用場面も所々見られます)のですが、こちらは一度しか実際に見かけたことがありません…
    発売から2年経とうとしていますが、まだまだレアな型式です。
    使用感、通気性などいかがでしょうか?

    シールド面付き保安帽自体はこの数年で見かけることがだいぶ増えてきたのですが、とても便利ですね!
    「シールド付きの二重通気タイプ」はミドリ安全が最初に出していました(SC-13PCLVS)が、二重通気ではないSC-11シリーズのシールド面付きタイプ(SC-11PCLVS)を使っていたことがあり、デザインもお気に入りでした。

  2. 管理人 より:

    とーりすがりさん

    コメントありがとうございます。

    はい。ヘルメットは、その通りです。使用感は防護メガネを使用したいときに、サッと下ろすことが出来るので、便利だと思います。通気性は、そこそこといったところですね。ただ、二重通気なので、抜けはいいと思います。

    後はあごひもが今まで使用していたものはインナーに付いていたのですが、今回のものはアウターに付いているせいか、ちょっと違和感があると現場の人間は申しておりました。

    いずれにせよ、なかなかそうは言っても防護メガネを常時携帯することが難しい中、このような製品は何より大事な安全、そして何よりも眼球を保護してくれるので、大変ありがたいものと感じております。

  3. とーりすがり より:

     ありがとうございます。
    私も保護眼鏡は持ち歩いていましたが、上着のポケットに入れていて壊してしまったことがありますね…
    面付き帽であればそのようなことはありませんし、着用にかかる手間も1秒かからず快適。もう戻れません。
     ただ、傷がついた際に交換しようと思っても面体が高価(保護眼鏡の数倍)であるのは大きな欠点です。通常の保護眼鏡のように使い捨てするのがやや難しいですね。また、保護眼鏡やゴーグルより隙間が大きいため面付保安帽では不適な作業も存在します。

     ところで、ホームページを拝見していますと保護帽は前身となる1830型(飛翔)や1820型(飛鳥)も使われていたようですね。むかしから谷沢のヘルメッシュシリーズをお使いとは先進的です。私も両者使用経験があり、とりわけ10年前に1820型を初めて見た際には意匠の斬新さにいたく驚嘆したものでした。そして作業用の保安帽にはどのようなものがあるのか、調べるきっかけとなった思い出深い製品です。

     非常に好みの分かれるデザインなのか、販売実績はさほどでなく、発泡スチロールのせいで被り心地も良いものとはいえず、また透明鍔付の製品が一般化するなか過去の製品群と化そうとしていますが、今でも使われているところに遭遇すると、散々資料をあたったり、調査のための外出(セミナー・見本市・工事現場めぐりなど)をしたことを思い出さずにいられません。そして、帽体にはステッカーを貼るととてもカッコよかったことを覚えています。
     なんだか古くさい話でごめんなさいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です