リビングの収納の使い方

東京目黒の工務店、江中建設です。
さて、2月末に渋谷区のお家を無事お引き渡しさせて頂きました。
このお家も見所がいっぱいあるのですが、まずはこちらをご紹介させて頂きます。
リビング1
こちらは2階のリビングの写真です。
正面の階段は防火上耐熱硝子で囲んでいます。というのは、階段の上部が吹き抜けになっており、3階天井はトップライトになっているので、天空から光が燦々と降り注ぐようになっています。そのため、防火区画でありながら光を取り入れるため、耐熱硝子となっているのです。
また、左手の収納が段違いになっていますが、なんで段差が付いているかわかるでしょうか?
こちらは、テレビを見やすくするための工夫なんです。
というのは上がっている方の天板には、キッチンから見るためのテレビを置く。
下がっている方の天板には、リビングから見るためのテレビを置く。
キッチンでは見る人は立っているわけですし、リビングでは見る人は座っています。そのため、アイポイントに合わせるために段差を付けたという事なんです。
こちらの物件を設計、施工監理されたのはアトリエT+Kさんです。本当にアイディアが豊かというか、よく気が付くなあと思いました。
こちらのお家に住まわれるお施主様にとって住み心地がいいなあと感じて頂ければ、本当に嬉しいですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です