三鷹市上連雀のお家が無事上棟しました

東洋目黒の工務店、江中建設です。
さて、昨日、東京都三鷹市上連雀のお家が無事、上棟いたしました。こちらのお家の建築家はアーキショップの磯部先生(http://www.archishop.co.jp/)です。
7月中旬に本格的に工事の始まったこのお家、暑い最中でしたが職人さんも頑張ってくれて、お盆前に基礎の打ち込みが終わりました。
そしてお盆明けからいよいよ建方の準備。
基礎の型枠を解体した直後はこのような状態。基礎の外周部には打設の前に設置しておいた断熱材が見えます。こちらは打ち込み時には基礎の天端より高く設置しており、型枠解体後に高さを揃えた状態です。
DSC09068.jpg
そして、上棟前日の状況です。既に基礎の上に土台が敷かれており、基礎周囲には汚れを防止するためにブルーシートが敷かれ、周囲には先行足場が立っており、また内部の吹き抜けのような箇所にも先行でタワー足場が組んであります。他にも先行配管とかもあり、このように建方をする前にしっかりと段取りをしておくことが大事だと考えております。
DSC09072.jpg
そして建方当日である昨日も暑かったのですが、無事棟上げ完了しました。
_DSC2691.jpg
上棟式用の弊串を作成中です。
_DSC2692.jpg
そして、上棟式。お施主様に色々とお心遣いを頂戴し、直来を楽しく過ごすことが出来ました。お施主様、本当にどうもありがとうございます。
_DSC2723.jpg
今回の建方は基礎を作ってもらった鳶さんにそのまま建方の鳶もやって貰いました。なので、上棟式が終わって帰り際に大工の棟梁が鳶の頭(かしら)に向かって
「いい基礎ありがとうございます。これを引き継いで、しっかりとしたいい家を作ります。」
と言っていました。建物は多くの人の手によって出来上がります。前の工程をする人もいれば、後の工程に従事する人もいます。関わる人たちの間でこのような気持ちをお互いに持つことが大切だと改めて思いました。
お施主様のお心遣いに感謝しながら、お施主様の想いを大事に、今後もしっかりとした家づくりに取り組んで参りたいと思います。今後ともよろしくお願いします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です