住宅エコポイントについて

東京目黒の工務店、江中建設です。
今回は本日2010年3月8日より申請受付が始まりました、住宅エコポイントについて書きたいと思います。
そもそも住宅エコポイントとは、家電エコポイントと同じく、所定の省エネ基準をクリアした新築住宅やリフォーム工事に対してポイントを発行する制度です。
ポイントは新築が一戸当たり一律30万ポイント、リフォームが一戸当たり上限30万ポイントです。1ポイントは1円相当です。必要書類を事務局に提出し、交換対象商品と交換できます。申請は原則、住宅所有者が行いますが、即時交換の場合には工事施工業者からの申請によって行います。即時交換とは、ポイント対象の新築住宅やリフォーム工事と併せて、同じ住宅のキッチンや浴室、トイレなどのリフォームを行った場合、その工事の費用にポイントを充てることができることをいいます。
住宅エコポイントの対象として、新築において、非木造の場合と木造の場合で基準が異なります。非木造の場合は、「トップランナー基準」相当の住宅がポイントの対象になります。省エネ判断基準を満たした住宅よりもエネルギー消費量を10%程度低くする必要があります。木造の場合は、「省エネ判断基準」を満たしていれば対象になります。木材はCO2排出量が少ないことなどから、非木造より取りやすくなってます。 (詳しくはこちら)
またリフォームにおいては新築よりも簡単で、1箇所でも対象の工事をすれば貰うことができます。
その種類として、
1、窓の断熱改修(内窓設置(二重サッシ化)・窓交換・ガラス交換(複層ガラス化する))
2、外壁、天井または床の断熱材の施工
となっており、さらに1と2のどちらかといっしょにバリアフリー改修を行えば、その工事にもエコポイントが付きます。(最大50,000ポイント分まで)
住宅エコ
※TOTOリモデルクラブより
対象となる期間ですが、新築とリフォームでは異なっており、
 新築…平成21年12月8日~平成22年12月31日に建築着工したもので、平成22年1月28日以降に工事が完了したもの
 リフォーム…平成22年1月1日~平成22年12月31日に着手したもので、平成22年1月28日以降に工事が完了したもの
となっております。
この制度を使うことによって、皆様の暮らしがより快適な住みよくなると共に、地球環境にも優しい家となっていくきっかけとなればと思います。ご不明点がございましたら、何なりと弊社までお問い合わせください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です