増改築相談員研修を受講して

東京目黒の工務店の江中建設です。
先日、江中建設としては初めて、増改築相談員研修に参加いたしました。
 ※増改築相談員とは…顧客のための相談業務(一般消費者のためのコンサルティング業務)を行うとともに、必要に応じて積極的に助言ないし援助を行うことにより住宅リフォームの健全な普及を促進すること(住宅リフォーム・紛争処理支援センターHPより抜粋)
もちろん今までも顧客のための相談業務ということには取り組んで参りましたが、より客観的に自分たちの業務を振り返り、少しでも業務品質を上げるために今回この研修に参加させていただいた次第です。
さてその研修で、当然業務の基本となることなのですが、お客様に対して「親切・丁寧・迅速・正確・明朗」の5つの心がまえをもって行動するというのがあります。
リフォーム工事をするにあたり、確かに専門的な知識も必要ですが、それ以上に
1)お客様の希望される事がどのようなことなのかを正確に理解する
2)対応する工事をいかに早くわかりやすくメリットとデメリットについてご説明する
3)実際の工事の時は、お客様が既に住まわれている場所ということを意識して、養生片付けはもちろんのこと、一つ一つの作業を丁寧に行う
ということが大事だとのこと。
我々は技術屋であるために、やもすればしっかりとした仕事さえすれば良いと考えがちです。しかし、お客様からしてみれば、お客様自身が納得のいくリフォーム工事がされることこそが大事なわけです。だからこそ、これからやろうとすることがどんなことかを我々が正確に理解すること、お客様にわかりやくご説明することが必要なわけですね。
まさに基本的なことなのですが、だからこそこの心がまえを常日頃心に刻み、リフォーム工事によってお客様の満足された笑顔を得られるように精進していきたいと思います。
ちなみにまだ受け取ってはいないのですが、この増改築相談員になりますと、このような登録証を交付されます。
5_2_01.gif
みなさまも今後リフォーム工事をご検討の際はこういった登録証をご確認されるのも、安心できるご依頼先の選定に役立つのかもしれませんので、頭の片隅にでも入れておいていただければと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です