平成23年度弊社安全大会を開催致しました

東京目黒の工務店、江中建設です。
先日6月29日、目黒区の緑が丘文化会館にて弊社の平成23年度安全大会を開催致しました。
今年も多数の職方や業者の方に参加していただき、当日は弊社社員も含め合計107人のご参加を頂きました。
本年度は安全衛生管理についてのご講話を頂き、そのほかに産業廃棄物の分別についてと、脚立の使い方の再確認をテーマとして行いました。
変換 ~ DSCF8803
安全大会出席者の皆様。
変換 ~ DSCF8799
弊社江中社長より、江中建設の現状と今後についてご講話いただきました。
変換 ~ DSCF8810
東京労働局品川労働基準監督署の宮崎様。
不安全状態と不安全行動の違いについて、例を交えてわかりやすくご講話いただきました。
変換 ~ DSCF8821
弊社岡田課長より、産業廃棄物の分別を行うことについての意義と今後どう行っていくかについてご講話いただきました。
変換 ~ DSCF8824
ビデオ上映「誰も教えてくれなかった 脚立作業の落とし穴!」。
だれしもが現場で使う脚立について再度の確認となりました。
変換 ~ DSCF8835
弊社江中専務より、今回の安全大会の総括として、不安全状態をなくすことの大事さ、脚立作業の事前の確認とこれから脚立に確認シールを貼る等お話を頂きました。
変換 ~ DSCF8841
変換 ~ DSCF8839
最後に、安全の誓いを若手大工3人による宣言のもと、参加者全員で読み上げ、無事故無災害への安全を誓い今年度の安全大会は閉会となりました。
今回の安全大会でのテーマとなった不安全状態を無くすよう気をつける、産業廃棄物の分別の徹底、脚立作業の注意の3点について、参加者全員気をつけていきたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です