弊串と金物検査

東京目黒の工務店、江中建設です。
さて、今日現場巡回をしておりましたら、目黒区中央町の現場で弊串が屋根裏に据え付けられていました。
2012-04-05 15.05.24
よく上棟式をご紹介する記事の際にこの弊串が出て参りますが、弊串はその後こうやって屋根裏に据え付けられ、家を護っていただくことになります。
ちなみにこのお家の上棟式の時は、このように置かれていました。
joto1.jpg
こちらのお家は明日は金物検査。この建物がしっかりとした構造体となっているか、耐力壁となっているところはしっかりと規定の壁倍率を出せる仕様となっているかなどをチェックしていただきます。
下の写真で写っている金物は壁がひしゃげないようにするための筋交い金物と、建物が土台からスポッと抜けないようにするためのホールダウン金物です。こういった金物の位置、施工状況を見て頂くわけです。
kanamono1.jpg
神様にお祈りするところはお祈りし、正確な施工をしなければならないところはしっかりと施工をする。そうやって、お施主様に安心してお住まいいただけるような施工をこれからも心がけて参りたいと思います。今後ともよろしくお願いします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です