本日、簡易地鎮祭でした

東京目黒の工務店、江中建設です。
さて、本日は昨日までの雨がウソのように晴れ渡る中、お施主様と建築家(佐藤宏尚建築デザイン事務所の佐藤先生と所員の方)と建設地にて地縄確認と、簡易地鎮祭を執り行いました。
地縄確認とは、敷地の中で実際に建物がどのような配置になるのかを、お施主様・建築家を交えて確認することです。壁の中心線を意味する縄(最近では主にビニールテープを使用しております)を地縄と呼び、建物の輪郭に沿って地面に張っておきます。そして、そのテープの位置で建物の位置、隣地境界との離れなどを確認します。
そしてその確認が終わったら、南の方向を向いて、お集まり頂いた方々で2礼2拍手1礼を行った後、建物の四隅に塩、米、酒をまき、清めます。
_DSC0044.jpg
そうして最後に乾杯をして、工事の無事とお集まり頂いた方々のご健康とご隆昌を祈念させていただきました。
どこでもそうですが、こちらの家もお施主様の想いがたくさん詰まった、大切なお住まいとなっております。そういったお住まいを建てさせて頂けることに感謝し、ご満足頂けるように弊社としてもこれから頑張って参ります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です