板橋区屋根葺き替え改装工事

東京目黒の工務店、江中建設です。
先日板橋区にて屋根葺き替えの改装工事をさせていただき、そのときの様子を写真で撮影しましたので、施工過程をごらんくださいませ。
変換 ~ P6160522
こちら既存のコロニアル屋根で、施工前に苔などがついてたので屋根掃除をした後に足場を設置。
変換 ~ P6170524
既存の屋根の上から新たにルーフィング張り。これにより下地を痛めることもなく、またコストを抑えることも出来ました。
ちなみに、ルーフィングとは防水シートのことで、このシートを張ることにより、これより下の既存部分に水分を通さなくなり、主に防水層の補強用芯材として使用されてます。
変換 ~ P6180526
仕上げにガルバリウム鋼板を張り完成。
ガルバリウム鋼板とは耐食性、耐熱性、加工性などに優れたアルミニウム・亜鉛合金めっき鋼板のことであり、また通常の鋼板よりも軽いため最近ではよく屋根・外壁に使われています。既存の屋根の上に貼るので、荷重の問題から軽量性にもこだわりました。
ここまでの工程で約一週間。
この梅雨の時期、屋根葺き替え作業のために雨の降らないタイミングを狙うのには苦労しましたが、出来上がった姿は見違えるようです。
こうして屋根葺き替え改装工事を行ったことで更に家の寿命が延び、お客様に大変喜ばれたことがとってもうれしかったです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です