横浜市鶴見区のお家が間もなく竣工です

東京目黒の工務店、江中建設です。
さて、横浜市鶴見区で建てさせて頂いていたお家もいよいよ竣工間近となって参りました。
DSCN2611.jpg
こちらのお家の建築家は松本直子建築設計事務所の松本先生(http://www5b.biglobe.ne.jp/~macchan/index.html)です。
木がふんだんに使われた室内となっていて、そこに住まわれる人の心を安らげるような心地よい空間となっています。
DSCN2606.jpg
一見何気なく見える壁ですが、色味がバラバラ、サイズもバラバラで入ってくる木質の内装材のバランスを考え、細かく組み合わせることはとても手間がかかり、大工さんもいろいろ考えながら、一生懸命取り組んでくれました。
DSCN2609.jpg
こちらの階段も一見何気なく見える室内の階段と手摺りですが、柱が無い中、薄壁になっているところを合板と踏み板のサンドイッチ状態にした形になっているので加工に工夫が必要でしたり、手摺りも既製の金物も使わず木で支え、さらに釘を見せないように埋め木をするなど細かな細工が施されています。
こういったお施主様や建築家の一つ一つのこだわりが、心地よい空間を生み出しているのです。
あともう少しで竣工ですが、引き続きお施主様にご満足頂けるように努力して参りますので、今後とも何卒よろしくお願いいたします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です