海老名市のお家が無事上棟しました

東京目黒の工務店、江中建設です。
さて、先週になりますが、海老名市のお家が無事上棟致しました。
よく言われることなのですが、基礎工事中は1日1日で現場状況が余り変わり映えがせず、本当に工事が進んでいるんだろうかと思うそうですが、上棟はあっという間に棟まで上がってしまうと、お施主様は感じるそうです。
こちらのお家もちょうどお子様とかお友だちがよく通る道であり、お施主様にもいろいろと報告が入る(!)そうですが、基礎の段階では余り進まないねえみたいなことを言われていたそうです。
ところが土台を敷いた後、1日で棟まで上がってしまって驚いたとのこと。
というのは、やはりクレーンを使って、重い木材をどんどん持ち上げられるからだと思います。
こちらの現場も電線が目の前を通っていて、その内側にクレーンを据えるしかありませんでした。となると、前回ご紹介したピタゴラスの出番です。
森田様邸上棟_02
そしてこんな風に木材を持ち上げています。
森田様邸上棟_03
そしてその木材を所定の位置にどんどん組み上げていき、水平垂直をこの時は目視等で確認しながら作業を進めていくので、1日で棟まで上げることができるのです。
となると、作業のスピードも上がり、大工さん・鳶さんもせわしなく動くことになります。ですから、きちんと組み上がるかどうかも勿論気にかかりますが、安全もかなり気にかかります。梁の上を軽やかに歩いている鳶さんや大工さんを見ていると、自分が出来ないせいもあるでしょうが、本当に肝を冷やします。なので、作業前のミーティングと安全装備(ヘルメット等)の装着はとても大事なこととなるわけです。
この現場もそういった部分を気にしながら作業を進め、夕方前には無事上棟となりました。
その後、お施主様にもお越し頂き四方祓いを行いました。深々と想いを込めてお施主様がお祈りしていただいていたのが印象的でした。
森田様邸上棟_01
一つ一つの家に、それぞれ壮大な家族の物語があります。そういったご家族にとって大事なことを任せていただいている責任の重さと、大きなやりがいを感じながら、こちらのお家もお施主様にご満足いただけるよう、今後とも努力して参りたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です