渋谷区神宮前のお家の地鎮祭を執り行いました

東京目黒の工務店、江中建設です。
さて、今週の火曜日、渋谷区神宮前のお家の地鎮祭がございました。こちらのお家の建築家は廣田悟建築設計事務所(http://www.hirotaa.net/)の廣田先生です。
今回は通常の場合とは異なり、天台宗のお寺である大福生寺から僧侶の方にお越し頂き、地鎮祭を執り行っていただく形でした。
まずは結界を作り、
blog_05.jpg
お供え物を準備し、
blog_06.jpg
式次第を再度確認させて頂き、
blog_01.jpg
いよいよ式が始まりました。
blog_02.jpg
仏式なのでやはりお経を唱えます。独特の抑揚とリズムで熱心に唱えていただくので、自ずと地鎮祭に厳かな雰囲気となります。
そして東西南北と中央に掘った穴にそれぞれお供え物を献げて、祈ります。
blog_03.jpg
そして一通りの式が終わった後は法話のようなお話しをしていただきました。
blog_04.jpg
曰く、家を建てるのではなく、この地に建てさせて頂くという感謝の気持ちが一番大事で、この地に住むとはそういうことだとのこと。我々も家を「建てる」では無く「建てさせて頂く」ということなんだと思います。お施主様にご注文いただいたこともそうですし、この土地で工事をさせていただくことも、樹木を使わせていただくことも、職人さん達に働いていただくことも含め、全てのことに感謝し、そして精一杯頑張ることが何より大事なんだと改めて思いました。
これから10月までの工期となりますが、しっかりとした工事を行って参る所存ですので、今後とも何卒よろしくお願いします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です