目黒区上目黒のお家が無事上棟しました

東京目黒の工務店、江中建設です。
さて、一昨日目黒区上目黒の現場が無事上棟いたしました。こちらのお家の建築家はJYU ARCHITECTの杉浦先生(http://www.jyuarchitect.com/)です。
さて、まず上棟当日は天気も問題なく、順調に棟まで上がりました。
houshuukyougi_01.jpg
そして棟を上げた時点で、翌日から雪の予報に備えてブルーシートによる養生を行いました。
houshuukyougi_02.jpg
こうやって備えた甲斐もあり、今日の上棟式の時にも内部は余り濡れていませんでした。
お施主様は上棟時にも現場にお越しいただいていましたが、内部をご覧になるのは初めて。大変興味深そうにいろいろな箇所をご覧になっていました。
_DSC3969.jpg
現場内ではその間に、弊串を供え、奉献酒とお清め用の塩と米をご用意します。
_DSC3972.jpg
そして、皆さんがお揃いになったところで、まずは参列者でお祈りをいたしました。
_DSC3977.jpg
その後、建物の四方にお酒とお米とお塩でお清めです。お施主様はご家族皆様で行われて、最初の角はご主人様、そしてその後途中からはお子様がといった具合で、ご家族皆様で工事の無事と、このお家が素晴らしいお家になるようにお祈りいただきました。
_DSC3984.jpg
通常であればそのまま現場にてお食事といった流れでしたが、今日は時折雪が舞うほどの寒さだったので、お近くのお店に移り、そのままお食事に。
_DSC3991.jpg
とても温かいお部屋の中、そしておいしいお料理(特に絶品の餃子!)とちょっとしたお酒、そして何よりもお施主様のユーモアたっぷりの面白い会話で、お食事中の間、お集まりの皆さんでずっと笑っているような会でした。
お施主様と大工の棟梁が全くの同い年だということには驚きました。
家づくりとは、人と人とのふれあいから生まれるもので、お施主様も、建築家の方も、職人さんも、監督も等しくこの家をより良いものにしていこうとするプロジェクトメンバーの一員と言うことも出来ると思います。今日ここで培った関係も活かして、お施主様にご満足いただけるような家となるよう今後とも努力して参りますので、何卒よろしくお願いいたします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です