目黒区自由が丘の現場が無事上棟しました

東京目黒の工務店、江中建設です。
さて、先週末、目黒区自由が丘のRC造の現場が無事上棟し、土曜日に上棟式を行いました。こちらのお家の建築家はマツモトアンドアソシエイツの松本先生(http://www.h4.dion.ne.jp/~m-archi/index.html)です。
DSC_9051.jpg
当日は真っ青な空で、富士山も見えるほど素晴らしい天気の日でした。
DSC_9052.jpg
こちらは1階の状況。このように上の階の床(スラブ)を押さえるためにまだ支保工と呼ばれるつっかい棒のようなものが設置されたままとなっております。コンクリートの強度を出すため大体4週間ほどこのままにしておきます。
DSC_9053.jpg
今回のお家は本当に面が入り組んで構成されており、うちの監督さんと型枠大工さん、それに建築家の先生も含め頭をフル回転させ、どうやって施工すればいいか考えておりました。どうやって継ぎ目無く打つか、線がすっきりと出るにはどうすればいいか、構造上は大丈夫かなどなど。こうやって無事打ち上がっている姿を見るとホッとします。
DSC_9055.jpg
先ほどと同じように支保工で床のスラブを押さえています。このように真っ平らな面はまだいいのですが、複雑に構成面が入り組むと、いろいろと考えなくてはいけなくなります。
DSC_9057.jpg
これはその一例ですが、本当に取り組み甲斐のあるRCの躯体工事現場となりました。
さて、そういった箇所で簡易的に祭壇を作り
DSC_9056.jpg
DSC_9062.jpg
お祈りをした後、四方をお施主様に清めていただきました。と言っても複雑に入り組んでいる構成のため、四隅を回るのも一苦労。お施主様にも随分ご面倒をお掛けしました。お施主様にもようやく建物の実像をご覧いただき、とても喜んでいただいているのを見て、とても嬉しくなりました。
これから内部の工事も始まります。お施主様にとって快適で住み心地の良い家となるよう、関係者一同努力して参りますので、今後とも宜しくお願いします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です