竣工してから早2年半 ~家づくりカフェにてお話をお聞きしました

東京目黒の工務店、江中建設です。
さて昨日は、光風舎さん主催の家づくりカフェ*建築家と家を建てるということは~体験から というイベントに参加させて頂きました。
このイベントはこんな風にご紹介されています。

住まわれてから3年が経った住宅の見学会です。日曜の午後のひと時、珈琲を飲みながら建主さんと家ができるまでの話や、実際住んでみての体験を雑談形式で伺いながらの住まい探訪です。
沖縄民家のような、おおらかな家を建てたいとスタートした家づくり。家族や仲間が参加しての珪藻土塗りや庭づくり、そして完成・・・・・時間が経ち少しづつ馴染んできた外壁や内装、大きくなった植物、外壁のシーサー。
大きな方形屋根が生活空間をゆるやかに囲み、その中を光と風が抜ける心地よい居場所がたくさんある住まいとなりました。家づくりの参考になればと思います。

そしてこちらのお住まいは、弊社が2年半ほど前に建てさせて頂いたお家なのです。
竣工写真はこちら。
まずはネコさんがお出迎え
_DSC0746.jpg
さて、こちらのお施主様は、とにかく小気味が良いくらいに、ざっくばらんにいろいろお話頂けるお方です。
このイベントにいらしていたお住まいづくりを検討されている方々のいろいろなご質問にも、本当にざっくばらんにお話し頂けます。それは勿論良いことばかりでなく、悪かった点とか反省点も含めて。こちらはこの工事の当事者のため、聞いていながらヒヤヒヤ、いや楽しく聞かせて頂いておりました。
きっと参加された方々にとってはとてもタメになったんだろうと思います。
_DSC0747.jpg
工務店に関してはこんなことをおっしゃっていました。

・施主と建築家と工務店の三者が水平の関係であるのが一番。会う人みんなが先生でした。
・図面を現場で現実にするためにも、温かくフォローしてくれる工務店が必要なんだと実感しました。
・新築中と完成後は違う。お互いにわかり合えたと思っていても、しばらく時間が過ぎると、家に対する意識レベルに差が生じます。正直残念に思う対応もあったので、またコミュニケーションを取って、再度認識の統一を図りました。

そして

「家を売る人ではなく、作る人に建てて貰いたかった。なので、良かったと思っています。」

とおっしゃっていただいて、本当にありがたい気持ちでいっぱいになりました。
お施主様におかれましてはこれだけ気さくに、ざっくばらんにお話しいただき、そして美味しいコーヒーを始めいろいろごちそういただき、本当にありがとうございました。これからも末永くお付き合いいただければと、あらためて思いました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です