等々力の現場で鋼管杭を施工しました

東京目黒の工務店、江中建設です。
さて、先週になりますが、世田谷区等々力の集合住宅の現場にて鋼管杭を施工致しました。
まずは現場の前の電線に万が一触れても支障が出ないように、電線を防護管で保護します。
DSCN4735.jpg
また杭を打設する重機、杭を運び込む車両の重量がそれぞれ重いため、現場には鉄板を敷き、地面が陥没しないようにします。その上で杭を打設する重機をまず入場させます。
DSCN4760.jpg
そして羽根付き鋼管杭を場内に搬入します。羽根の部分が地面に絡まりより鉛直方向、水平方向への支持力が高まるようになっています。
DSCN4761.jpg
そしていよいよ施工開始です。このように垂直に立て、回転させながら貫入させていきます。
DSCN4773.jpg
杭は当然支持層に当てなくてはいけません。となると長さが必要になりますが、とても長い杭を道路で運ぶわけにもいかないので、今回は現場で溶接しながら貫入させていきました。その都度現場にて検査も行います。なので施工当日は建築家の先生、構造設計の先生も現場にお越し頂いて、確認をしながら施工を行いました。
DSCN4783.jpg
事前の段取りの甲斐もあり、鋼管杭工事は無事完了致しました。月並みですが、建物を支える上で極めて重要な意味合いを持つ杭。しっかりとした品質、施工手順を守ることが大事です。今回の施工に於いても垂直に打たれているか、支持層に到達したか、地耐力は出ているかなどをチェックしながら施工は行われました。一つ一つの作業をしっかりと段取り、施工する。この積み重ねが、安心して住んでいただける家を作ることに繋がります。これからも現場に対して謙虚な姿勢を持って、一つ一つの作業を行って参りたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です