葛飾区東金町のお家の地鎮祭を執り行いました

東京目黒の工務店、江中建設です。
さて、本日は昨日の雨もすっかり晴れ渡り、澄みきった青空の下、葛飾区東金町のお家の地鎮祭を無事執り行いました。
_DSC5507.jpg
_DSC5508.jpg
次の写真は四方祓いで切麻(きりぬさ)を神主様が撒いている様子です。紙がヒラヒラと舞っている様子がおわかり頂けるかと思います。お米や塩と一緒に撒き、この土地を祓い清めるのです。
_DSC5516.jpg
次の写真は、「穿初(うがちぞめ)の儀」と言って、お施主様に建設地に見立てた盛り砂に鍬を入れていただくのですが、その後祭壇に向かって礼をされているお施主様のお子様達です。この子達にとって良い想い出となればいいなと思って見ておりました。
_DSC5566.jpg
次の写真は神主様が玉串奉奠をされているところです。正式に神様に向かってお辞儀をする時はこのように90度曲げてお辞儀するそうです。
_DSC5541.jpg
地鎮祭終了後、神主様から鎮め物と上棟のお札(共に神社さんによって有無や形状が異なります)のご説明を、お施主様にされていました。
_DSC5587.jpg
このようにして地鎮祭も滞りなく執り行われました。これからしっかりとした家づくりを行って参りたいと思っていますので、今後とも何卒よろしくお願いいたします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です