豊島区南長崎のお家の地鎮祭

東京目黒の工務店、江中建設です。
さて、大変ありがたい事に多くの方々に工事をさせていただき、ありがたい限りでございます。
そのため、ただの言い訳ではございますが、なかなか現場状況を当ブログ上でご紹介出来ていませんでした。
なんとかご紹介し切れていないお話しをこの1週間でお話しできればと思います。
まずは2月の上旬に行わせていただいたエトラデザインの川上先生が設計された豊島区南長崎のお家の地鎮祭をご紹介致します。
昨年来、なぜかお供えの海のもので、より本格的に生魚が用意される地鎮祭が執り行われています。こちらも立派な鯛が供えられていました。
_DSC1905.jpg
こちらのお施主様のお家の地鎮祭には、本当に多くの方々にお集まりいただきました。ご家族はもとより、お仕事関係などのお知り合いの方々にもご参列いただき、にぎやかなものとなりました。
_DSC1910.jpg
よくこういった儀式をする日としては、大安か友引を選びます。すなわち、自分の家に数多くの方々にお越し頂くという事は本当に縁起の良い、嬉しい事なのですね。
地鎮祭も言ってみれば地の神様をお招きして、お酒や海のもの山のものをお出しし、宴会しながらいい家が建ちますようにとお祈りする儀式です(相当意訳していますが)。ここにいらした神様達も、この賑やかな地鎮祭を見てさぞや嬉しかったに違いありません。
_DSC1924.jpg
こちらの神主様も、ご近所の方。さらに聞くところによると、その前に建っていた前のお家の地鎮祭の時は、この神主様のお父様が神主として来られたとのこと。ここにも、こちらのお施主様のご縁の広さ・深さを感じました。
これから工事を進めさせていただくわけですが、こういった多くの縁(えにし)を大切に、しっかりとした家を建てさせていただこうと思います。今後とも何卒よろしくお願いいたします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です