足立区のお家の盛大な上棟式

東京目黒の工務店、江中建設です。
さて、2月下旬に足立区のご兄弟の家が2棟無事上棟し、合同で大変盛大な上棟式が催されました。
こちらの棚に並んだ上棟のお酒の数々、写真に写っている以外にもたくさんあり、棚がお祝いのお酒で溢れかえっていました。
009.jpg
上棟式に参加された方は、総勢40名ほど。多くの人で溢れかえっていました。そして例えばお施主様の会社の上司など、色々な方からお祝いのお言葉を頂戴し、お施主様とそのご家族の方々がいかに多くの方々に親しまれているのかが伝わって参りました。
そして、こちらの家を設計されたなかの一級建築士事務所の中野先生に乾杯の音頭をとっていただき、楽しく賑やかで盛大な宴が始まりました。
_DSC2036.jpg
とにかくお施主様ご一家の方々は、世話好きというか気配り上手な方ばかり。ほとんど座ることなく、お料理の準備をされたり、飲み物を持ってこられたりと大忙し。机の上にも所狭しと美味しそうなお料理が並びました。
_DSC2043.jpg
その中でも特に人気だったのが、おでん。カセットコンロで温められていて、味も染みこんでいて、大変美味しゅうございました。職人さん達もたくさん食べていましたね。寒い日だっただけにお腹にしみわたりました。
_DSC2041.jpg
以前の記事にも書きましたが、自分の家に多くの人びとが集まってくれるというのはこの上ない喜びだと思います。だからこそ、友引は吉日とされるのですが、こちらの家は本当に多くの方々に棟上げを祝っていただきましたし、また完成したら多くの方々が訪れるのだろうなあと思いました。
そして、最後は鳶の職人さん達による木遣りの歌。「えぇ~い、やぁ~」から始まるかけ声はいつ聞いても素晴らしいものです。
_DSC2077.jpg
そして鳶の親方による1本締めで無事、会もお開きとなりました。
_DSC2080.jpg
我々工事関係者をここまでご歓待いただき、感謝の念に堪えません。本当にありがとうございました!
こちらのお施主様は木にこだわられた家づくりに取り組んでいらっしゃり、今では皆様が木の香りに敏感に反応されるようになったそうです。上棟式の中でもしきりと木を見てはニコニコされていたのが印象的でした。
そういったことも含め、これだけ多くの方々の想いのこもった家なので、今後とも気持ちを込めて建てさせていただければと思います。今後とも何卒よろしくお願いします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です