TOTO20周年大感謝祭プレイベント

東京目黒の工務店、江中建設です。
変換 ~ P1020953
先日ですが、新宿にあるTOTOのショールームの20周年記念のプレイベントに参加してきました。
こちらTOTOが新宿にショールーム開設して20周年の節目を迎えた記念として、1/23(土)から2/7(日)で「ありがとう20周年フェア」が行われるのですが、そのプレイベントとしてTOTO商品の開発秘話の講演を聞いてきました。
そのなかで面白いお話だと思ったのがウォシュレットで、そもそも輸入代理店として当時医療用だった洗浄便座を輸入していたが、不良品が多く温水が高温過ぎて火傷してしまったこともあったそうです。
こうしたことからTOTOは国産化するべく、人に合う温水温度の検査や洗浄位置の特定のために社員の協力を経て実施試験を行ったなど地道な研究を経て1980年に新発売、その後いろいろな改良を経て現在では2000万台以上の累計販売台数になっていますとのことでした。
よく研究開発者ときくと研究所などにこもって作業をしているイメージが自分には合ったのですが、実際聞いてみるとお客様のクレームがあったときには開発者が同行してお話を聞き改良のヒントにしてきたこと、自分自身がその製品をお客様としてつかってみてモニターしていたことなど身体を張っていたのだなと思いました。
やはり開発者といえ、実際その商品を使っているお客様の意見を聞くことはとても大事で、私としても肝に銘じてこれからもよりよい建物を目指して、お客様の意見に真摯にむかっていきたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です