WOOD-世田谷区S邸

【 木造軸組工法 】


現場監督のひとこと
この建物は屋根組の構造が変わっていて、ただ屋根下地を組んでという訳にはいかないものでした。そのため意匠設計士・構造設計士・鉄骨業者と打合せを密にする必要がありました。実際の施工現場では微調整を加えながら、職人さんの頑張りもあり、なんとか無事組み上がった時は安心したものです。また、なんといってもこの家の最大の魅力は2階のLDKの屋根・壁の構造を化粧で直接見せている点なので、汚れなどが付かないように養生等をしっかり行いました。この様にして進んだ工事ですが、私が一番思い出に残っているのはお施主様が家づくりを楽しまれているということです。実際に壁の左官塗りをご自身とご家族と仲間たちとおこなうなどの楽しいイベントもありました。せっかくの思い出ですから、そのための日程組、付近の段取りも気を遣いました。その結果、お施主様にもご満足いただけたようで、自分としても苦労のしがいがあったと思います。

設計事務所 : 有限会社光風舎一級建築士事務所

木造


RC造/SRC造/S造