RC+WOOD-大田区W邸

【 RC造+木造軸組工法 】


現場監督のひとこと
ガレージからエントランスまでの部分はRCの打放し仕上げとなっていましたので、打設の際に、生コンクリートの各項目の適正な管理と打設人員の適切な配置、十分な器具の用意を行いました。またお客様は内外装にわたり色のこだわりがおありだったので、カタログ品番だけで決めるのではなく、大判サンプルをご用意したり、現場で直接塗装を行う職人とお話しいただくようにした結果、色に対してご満足頂けたようです。 また床暖房の上にタイルを貼る仕上げでしたが、目地材・接着剤もただ規定のものを使うのではなく、より割れの防止と接着力の高いものを求めて現場の業者さんと打合せを行い、性能の優れた他者の対応品を使う事にしました。そうやって一つ一つのことを考え抜く姿勢の大事さを学ばせて頂いた現場でした。

設計事務所 : 日比生寛史建築計画研究所+希望建築設計事務所

木造


RC造/SRC造/S造