RC-世田谷区K邸

【 RC造 】


現場監督のひとこと
お施主様と建築家の方が、それぞれご自身の考えをしっかりと持たれていたので、その間の調整をしっかりと取り、双方のイメージからずれないように努力しました。また建物のボリュームはあったのですが、いわゆる旗竿地であり、間口が狭かったため、どうしても敷地への出入りが激しくなる傾向がありました。特に仕上げの時期、内装等内部の仕上工事と外構工事の調整に苦慮しました。他にもグレードの高い物件でしたから、仕上げ・納まりでいろいろと苦労はしましたが、お引渡しの時のお施主様の笑顔を見て、今までの苦労が報われたと思いました。

設計事務所 : 株式会社フレイム

木造


RC造/SRC造/S造