WOOD-世田谷区N邸

【 木造軸組工法 】


現場監督のひとこと
古くからお住まいになられていた場所での、建て替えの工事でした。地盤が緩かったため、解体の時から振動には気をつけて、御近隣の方々との関係の維持に留意しました。また建物としては吹き抜けが大きくて、天井と壁の見える面が大きく、お施主様も大変楽しみにしていらした部分でしたので、仕上がりに気を遣いました。また、木目を見せる仕上げなので、木目が綺麗につながるようにしました。それは内部と外のバルコニーもつながって見えるので、そこまで含めて段取りすることが大変でしたが、仕上がりをみてお施主様や建築家が喜んでいただけている姿を見て、こちらも達成感を感じておりました。 化粧で見せる梁・柱は最初に組み立ててしまうので、その養生にも気を配りました。

設計事務所 : 松本剛建築研究室

木造


RC造/SRC造/S造