WOOD-大田区H邸

【 木造軸組工法 】


現場監督のひとこと
内部仕上げに木材を多く使用しているので、材料や施工後の養生に気を使いました。また屋根において各面で勾配が違っているので、プレカットではうまく合わず、現場での作業が苦労しました。内部仕上げにおいて、納まりが円形の壁になったり、懐が少ない場所のため、細かく難しい納まりもあり、指示も大変でした。きっちり仕上った時には嬉しかったです。

設計事務所 : 松本直子建築設計事務所

木造


RC造/SRC造/S造