最後は人の手

東京目黒の工務店、江中建設です。

さて、ここ1ヶ月で建て方現場が複数ありました。雨が多く、降っていなくても湿度が高く、大変つらい環境の中、大工さんにはよく頑張って貰いました。

最近の木造の現場はいわゆるプレカットと言って、製材指示通りに加工された木材を現場に搬入します。そして順番に則って組み上げて上棟作業を行います。釘も空気圧を使った工具(釘打ち機)で打つなど、所謂電動工具を使います。なので、以前と違い、一日で棟上げまで作業が到達するようになりました。

とは言え、実際に現場に部材を運んできて、組み上げようとすると、若干の調整が必要になります。

そんな時に頼るのは、やはり職人さんたちの腕。建て方の作業中に調整が必要な箇所がわかると、その場で調整を行います。

上記写真では、梁を組んでいる最中に、梁の寸法を調整するために、右上の鳶さんと左側の大工さんが周りの部材を押さえ、もう一人の大工さんがのこぎり(手ノコ)で薄く切り取っているのがわかるかと思います。実は結構大変な作業です。

こういった現場での対応力、応用力も、施工現場ではとても大事なことです。職人さんたちには本当に感謝の言葉しか浮かびません。

彼等が怪我や事故に遭わないよう、そして仕事がスムーズに進むことが出来るように段取りをすることは、弊社の業務としてはとても大事なことです。これからも実際に作る職人さんたちと共に歩んで、精度の良い住み心地の良い家づくりを目指して参ります。今後とも何卒よろしくお願いします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です