Construction Case No.1

屋根・外壁には遮熱塗を使用し、断熱を高めました。
外壁やバルコニーの木製ルーバーは、周辺からの視界を遮るとともに屋内からの視線の通る作りです。
木材の経年変化による趣が楽しみです。


既存の階段をそのまま使用しつつ、天井は大きめにとることで開放感が感じられます。


2階応接室ですが、窓の形状を大胆に変更、元々の構造をそのまま見せつつ、天井・壁面・床面に作り付け家具まですべて白でまとまっており、後に置かれる家具がより際立つことでしょう。


外壁面の木製ルーバーを内側から。
外観は同じ木製ルーバーのように見えてもごらんのとおり内側からみると開き戸の箇所もあります。


こちらの物件は、施工事例:コンセプト23でも詳しくご紹介しております