若手大工、大いに語る!? ~第2回~

江中建設の次代を担う若手大工達に集まってもらう座談会、久方ぶりの開催です。
前回より数年経ち若手大工たちも代替わりしました。
社員大工の出身校は4人共、中央工学校(http://www.chuoko.ac.jp/index.html)です。
今回登場願う若手大工の師匠が前回の若手大工だったりと月日の流れとともにしっかり受け継がれてゆくものがあることを感じさせてくれました。

出席者
吉荒(ヨシアラ)君
丸山(マルヤマ)君
羽成(ハナリ)君
鈴木(スズキ)君

進行
江中副社長
江中部長

 


吉荒君
平成27年入社
中央工学校卒
藤田大工に師事

丸山君
平成26年入社
中央工学校卒
立岩大工に師事

鈴木君
平成27年入社
中央工学校卒
畠大工に師事

羽成君
平成27年入社
中央工学校卒
外崎大工に師事

 

親方に付いて2年以上経ちましたが、1年目と今、怒られる内容とか何か変わりましたか?

丸山 もう聞けないですね。聞くと図面見てるのかって怒られます。(※彼の親方は前回若手で登場の立岩大工です)

図面は解るようになりましたか?

吉荒 一緒に見ながら、ここはこうしろと教えて頂けるので、少しづつですが解る様になってきました。最初は業界用語が解らず戸惑いましたが、そこから解りやすく教えて頂きました。解らないことは聞けと云っていただいてますので、やり易いです。

丸山 今は図面を見て出来るだけ自分一人で出来る様に努めています。

羽成 設計の先生によって図面の書き方が違うので読み取り方が難しいです。最終的には現場合わせで良いと云うこともあるのですが。

丸山 ある設計の先生は細かく図面に書いてあるので、逆にそこはどうするのかとは聞きづらいです。

羽成 他の設計の先生で逆にお任せが多い方もいらっしゃいます。その時は図面の変更があっても僕ら現場まで伝わってこない事もあり、困ることもありますよ。

吉荒 そういう時は親方がブチ切れて、そのとばっちりが僕に来るので心底やめて欲しい。(一同(笑))

イライラした親方は怖い?

吉荒 2年目になって親方のイライラが読めるようになりましたし、前は表に出さずいてくれましたけど、今は…お前わかるよな…って感じで….。

鈴木 うちはその点、その時は怒られるけど、直ぐ忘れてくれるので助かってます。

2年目になって出来ることは増えましたか?

吉荒 何が出来るというよりは、余程仕組みが難しいもの以外は任されるようになりました。今では別フロアでそれぞれ仕事をすることが多くなりました。

羽成 巾木やフローリングを貼れる様になりましたが、前にもう全て作業が終わったと思って余った材料を捨ててしまった後、残っていた部分があって材料をもう一度取らなきゃいけなくなり、そこはお前に任せたんだからと怒られ、凄く責任を感じました。今はもうそういう失敗はしなくなりました。

鈴木 似たような話ですけれど、最初はボード貼るにも何百(※寸法のこと)で貼ってて云われましたけど、最近は解る様になってきたので任せてくれます。自信が無いところは親方に聞きますが、自分の見立てがだいたい合っているので、解ってきているんだなあと実感しています。

丸山 (唯一の3年目)確認すると図面に書いてないの?って云われてしまうので最近はすごく聞きづらいです。聞かずに間違っても怒られるし、聞いてても怒られるし….。でもうちの親方は何でもやらせてくれるので、その点は嬉しいです。

震災後の学校入学だけどその影響はありますか? そもそも大工になったきっかけは? 

吉荒 (すかさずきっぱりと)震災です。(一同おお♪) もともと学園祭とかで大きなものを作るが好きでしたし、自分のやれることで貢献できたらと思いましたし、形の残る仕事をしたかったのでこの道を選びました。今後また何かあった時には、役に立ちたいと思っています。

羽成 もともと小学生くらいから大工しか考えていませんでした。ものを作るのが好きだったし、形の残る仕事は達成感があるしそれは大工かなと考えました。

鈴木 働くなら大工しかイメージがありませんでした。もの作りが好きですし達成感がありますしね。

丸山 今でも特に大工になりたいわけではないです。(一同??)

実家が工務店というのは関係あるの?

丸山 特に大工って理由はないですけど、親父の背中を見てというのもありますし、高校の時から現場を手伝っていたこともあり、その流れですかね。

それでは最後に今後の抱負を

羽成 責任を持ってミスが無いようにしたいと思います。

吉荒 とにかく失敗無く、仕事を早く進める様にしたいです。

鈴木 今出来ることをもっと出来る様にし更に新しいことを覚えて行きたいです。

丸山 取り敢えず仕事を続ける事。もう失敗しないのは当たり前なので、早く一人前になって稼げるようになりたいです。

 

本日は皆さんのお話が聞けて楽しかったです。江中建設の今後は皆さんにかかっていますので、今後も宜しくお願いいたします。若い力に期待しています。

▶▶第一回はこちら

page top▲

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です